NASを使って企業内でファイルを共有する

NASというのは、ネットワークアタッチトストレージの略です。

その名の通りに、ネットワークに直接接続をするストレージのことを指します。

NASを理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

ネットワークに繋いだNASへは、パソコンやスマホなどからアクセスすることができます。

wikipediaについて気になる方はこちらです。

ハードディスクやSSDを使った大型の外部記憶装置であるNASには、企業内のファイル共有などの重要な役割が与えられています。
従来からファイルサーバーと呼ばれていたものと機能はほとんど同じですが、それよりは専用機として独立していて、本体だけでほとんどのことが済ませられるために利便性が高いとされています。

導入をするのも非常に楽であって、さまざまな便利機能が付いているものも売られています。

RAID機能がついていたり、ホットスワップに対応していたりする商品もあります。


ファイルのやりとりはTCP/IPネットワークを使うために汎用性が高くなっています。



家庭や中小企業でも十分に使うことのできるシステムであって、データの保存先としては外付けのハードディスクドライブなどよりも信頼性がたかく、利便性も高くなっています。


複数のパソコンから同時に接続ができたりするので、仕事をして行く上では必要不可欠なものの一つです。

非常に大きな容量を確保できるので、高画質な動画なども自由に収めることができます。

仕事で使うファイルなら問題なく収納できるので、これがあれば各端末にはそれほど多くのハードディスク容量が必要になるケースも少ないです。



Copyright (C) 2014 NASを使って企業内でファイルを共有する All Rights Reserved.